メモ

  1. insertかupdateか判断する関数

データベース作成手順

  1. GRANT <操作名> ON <データベース名>.<テーブル名> TO <ユーザ名>@<ホスト名> IDENTIFIED BY '<パスワード>';
  1. mysql -u root -p
  2. create database データベース名;
  3. grant all on データベース名.* to ユーザ名@localhost identified by 'パスワード';
  4. flush privileges;

パスワード変更方法

  1. mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('hoge');

データベースの文字コード設定

インポートとエクスポート

  1. データベースxxxdbのエクスポート
    • $ mysqldump xxxdb > xxxdb.sql -u tanaka -p
    • xxxdbデータベース内のテーブル全てをエクスポートする。
    • 中身は、vi等で見ればSQL文が入っていることが分かる。
    • CSVで出力する方法
      	SELECT * FROM テーブル名 order by フィールド名 desc limit 100
      	INTO OUTFILE './ファイル名.csv' FIELDS TERMINATED BY ',' OPTIONALLY ENCLOSED BY '"';
      	/var/lib/mysql/ に保存された
  2. データベースxxxdbのインポート
    • $ mysql xxxdb < xxxdb.sql -u tanaka -p
  3. テーブル
    • テーブル作成
      	CREATE TABLE  `MEMBER` ( 
      	 `prefecture` TEXT NOT NULL , 
      	 `city` TEXT NOT NULL  
      	) ENGINE = MYISAM ; 
  4. データ
    • テーブルにデータを挿入する方法
      	INSERT INTO `MEMBER` VALUES ('北海道','札幌市');
    • サイズ変更
      	mysql> set max_allowed_packet=3355340800;
      	Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
      	mysql> show variables like 'max_allowed_packet';
      	+--------------------+------------+
      	| Variable_name      | Value      |
      	+--------------------+------------+
      	| max_allowed_packet | 1073741824 |
      	+--------------------+------------+
      	1 row in set (0.00 sec)

Perl で MySQL